住宅ローンによる所得控除



住宅ローンを利用して家を建てると、所定の要件はありますが、年末のローン残高に対して、所得税控除が受けられます。

現在(2010年から2013年入居分まで)は、入居した年から10年間、ローン残高の1.0%が所得税額から控除されます。

所得税から控除しきれなかった分は住民税からも一部控除を受けることができます。

また、長期優良住宅の認定を受けた住宅では、控除率が1.2%となっています。

所得税控除は、その年の国の政策による法律で決められ、2010年以前は、5年間のみの減税だったり、金利を変えて10年~15年の減税だったりさまざまです。

しかし、住宅を購入したときの法律が適用されるため、ローンの支払い途中で法律が変わっても、個人の減税に対する内容が変わることはありません

節税対策としては、共働きの夫婦が夫婦共有名義で物件を購入し、それぞれ住宅ローンを組めば、所得税控除も二人分受けられます。

こちらは、将来相続税なども少なくてすむ、というメリットもあります。

ただし、共有名義にすることで、それぞれの手続きに経費がかかる、物件を手放すときの手続きが煩雑、などのデメリットもあります。



また、近親者から贈与を受けて購入するときや、働いている妻の貯金から頭金や支払いをするのに共有名義ではないときは、贈与税がかかる場合がありますので、注意してください。



これら税金は、その年の政策によって制度や金額がずいぶんかわってしまうことがあります。

利用するときは、国税庁のHPなどで確認するとよいでしょう。



固定資産税と都市計画税





固定資産税と都市計画税は、その年の1月1日に、固定資産を持っている人が納める税金です。

したがって、借地に家を建てた人は、建物部分だけに税金がかかってくることになります。

ただし、市街化調整区域に住む人は、固定資産税のみで、都市計画税を納める義務はありません。



これらの税金に対する課税標準額は、固定資産課税台帳に登録された価格です。

建物は評価額となり、土地は価格の上昇や下落があるので、調整措置があります、(住宅用地に対しては、特例措置もあり、物件の内容によっては軽減されることもあります)

支払う税額は、課税標準額×税率で計算できます。

税率は、固定資産税が1.4%、都市計画税は市町村によって若干違い、その上限は0.3%となります。



また、同じ市町村内で、同じ人が持っている土地や建物には、土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円までの免税点があり、それ以内なら課税されません。

マンションなど、区分所有者の建物の敷地部分に対する税金は、それぞれの持ち分に応じて計算された価格に課税されますので、この範囲に収まることも多く、課税されないと思っている人も多いのではないでしょうか。



また課税対象が長期優良住宅に認定されると、所得税の最大控除額が増えたり、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などで優遇を受けることができます。

住宅メーカーなどに最初に確認しておくとよいでしょう。

長期優良住宅は、国が認めた、丈夫で快適・経済的で長持ちする建物に数世代にわたって安全・安心に暮らせる家です。

そのうえで、さらに税金の控除が受けられるのです。



お金を借りるの評判は?





今日紹介したいのはお金を借りる必見ランキング!というサイトです。

わりと情報が分かりやすいしたくさんの方に使ってもらいたいです。

カードローンはスマホからでも簡単に申し込みができますね。

これから評判になるホームページじゃないかな。

借り入れや返済もインターネットでできるので便利な環境になりました。

お金を借りるを探すならお金を借りる必見ランキング!をチェックするといいですよ。

お金を借りるおすすめ

はじめてでも安心して利用できるカードローンの比較サイトです。









住宅ローンの審査基準と勤続年数について





住宅ローンには審査基準があり、借りるとき、銀行など民間金融機関では最低勤続年数を定めているところが多く、だいたい2~3年と書いてあります。ですので最低2~3年勤続していなければローンは借りれないということなのです。しかし、転職直後であっても同じ業界で年収アップ・転職先の企業もしっかりしている安定企業と判断されれば住宅ローンを借りれる場合が多くなっています。たとえば、勤続年数が1年未満でも、キャリアに一貫性があるなど経歴に問題がなければ、借りることができる金融機関が増えています。ちなみに私は、いまの職場に勤めだしてまだ2ヶ月くらいしか経っていないので借りることができません…。
また、就職したばかりの方は借りるのは難しいようです。転職とは違ってそれまでの仕事の経歴がないので、住宅ローンを貸す金融機関としては、きちんと返済してくれるかどうかわからないからです。それでは、派遣社員や契約社員・パート・アルバイトの方はどうでしょうか…。この方々は住宅ローンを借りようと思っても、借りることはある程度の収入があっても難しいでしょう。
自営業の方が住宅ローンを借りる場合は、営業年数が2~3年以上としている金融機関が多いようです。会社員とは違って審査基準が厳しくて申請する人の収入だけでなく本業の業績も審査をします。
借り換え住宅ローン
業績が好調だと住宅ローンの審査が甘くなる可能性もあるようです。





住宅ローン借り換えのことはこのサイト!





こんにちは~。住宅ローン借り換えの住宅ローン借り換え比較ガイドというサイトが便利だなあと思いました!

最近、住宅ローン借り換えについて調べていたら住宅ローン借り換え比較ガイドのサイト、すごくイイですよ。↓↓↓↓↓

住宅ローン借り換えの住宅ローン借り換え比較ガイド

住宅ローンの借り換えで返済の負担を軽くできるかも。

興味ないですか?私のイチ押しですので見てみてはいかがでしょうか。

マイナス金利の影響で住宅ローンがかつてないほど低金利になっています。

おすすめサイトです→→→住宅ローン借り換え比較









ローン以外の費用もかかる





住宅ローンの計画を立てるとき、給料の20%程度の支払い額で設定して…というのはよく言われることですが、家、というのは維持していくためにいろいろな費用が掛かります。

固定資産税や都市計画税(土地のみ)はもちろん毎年請求されます。

そして家は、災害が起こらなくても、経年劣化などでどんどん傷みます。

必要な時期に家の点検をして、早めに修繕していくのが、結局は費用が掛からないのです。

特に一戸建ては、家のための貯金をしていないと、緊急な費用はリフォームローンなどで補ったりすることになり、さらにローンが重なることになります。

自分できちんと計画を立てて、いざというときのために準備しておくことが必要です。



それに比べてマンションは、建物の外壁や駐車場、エントランスなどの共用部分は、マンション全体で管理しているので安心です。

ただし、これらの管理は購入したから無料で行われているわけではありません。

毎月、管理費と修繕積立金を支払うことがほとんどです。

この金額はマンションごとに違い、最初は建てた会社が妥当な金額を決め、その後は管理組合が管理していくことになります。

(自分たちですべて運営するか、管理会社に依頼)一戸建てと違って、大きい修繕で急な出費ということはないかもしれませんが、住宅ローンを目いっぱい組んでしまうと、結局維持費である管理費や修繕積立金、駐車場などの経費が払えなくなり、マンションを手放すことにもなりかねません。

しかも、もし手放すことになっても、売れるまでは管理費も修繕積立金も持ち主に請求されます。

ローン以外にも様々な費用がかかることを考えて、借入額、月々の支払金額を決めましょう。



借り入れの比較サイト

ローンの借り入れ専門情報サイトです。低金利のローンや即日融資のローンなど希望に合わせた商品を選ぶことができます。

http://xn--nwqw4ab49cnf6a.com/





モビットで借り入れ





急な支出や車のローンの支払いが厳しい月があり、モビットでローンを借りることになりました。モビットではネットを使えばすぐに審査結果を出してくれます。私も申し込んですぐに審査OKをもらいました。
もし、他のところで借りたローンの返済が滞っていたなんてことがあれば落ちたりするんでしょうが、幸い私はそのような経験がなかったので審査をパスすることができました。
キャッシング金利ランキング

限度額はそんなに多くないようですが、私の場合は10万円程度の借り入れだったので、特に問題なかったです。
モビットのいいところは借り入れの申し込みをWEBでできるところですね。これなら、店に行ったりオペレーターと電話で話したりしなくて済むのでありがたいです。いくらオペレーターとはいえ、自分がローンを借りることを人に話したくないですからね。





”お金を借りるなら”について



こんばんは。

お金を借りるならを探してるかたいますか?

自信を持ってまあまあぴったりだと思ったのはお金を借りる必見ランキング!【キャッシングおすすめトップ3はコレだ!】です。

いざという時にお金をかりるおすすめカードローン。

いますぐお金を借りるときに重宝しますね。カードを作ってコンビニATMが手軽でいいですね。見てみたいという方は

お金を借りる必見ランキング!【キャッシングおすすめトップ3はコレだ!】を見てみましょう。お金を借りる方法

お金を借りるならはお金を借りる必見ランキング!【キャッシングおすすめトップ3はコレだ!】がいいと思いますよ。









私が利用しているのはカードローン





私は若い頃は大手消費者金融でキャッシングばかりを利用してきました。ですがある程度の年齢になってからは、大手消費者金融を利用することはなくなり、その代わりに、銀行カードローンを利用するように。それは、私の中で勝手に若い人が消費者金融を利用するのは問題ありませんが、年配の男性が消費者金融から借り入れをしていることは、恥ずかしいことだと思い込んでいることが大きいでしょう。
消費者金融から借り入れをしていることと、銀行から借り入れをしていることは、社会的信用度も全然違います。そういった理由から、私は消費者金融から銀行のカードローンへ乗り換えました。
http://www.フリーローン会社一覧.com/
私の友人もお金を借り入れするときは、銀行かクレジットカードのどちらかです。





”バイナリーオプション業者”について



さて、バイナリーオプション業者をネットで探しています・・。

ネット知ったのですが、しっかりしてるページを見つけたんです!

投資家三郎40歳!バイナリーオプション業者比較【初心者必見ランキング】というサービスです。

50円から取り引きできる?!少ない資金で投資スタート!

取り引きだけに集中するなら国内業者がピッタリ!

ちょうど気になっていたな~という方は確認してみてください。バイナリーオプション新しいウィンドウで開く

便利なとこがあったらまた書いていきますー!







「カニ通販おすすめ」のおすすめサイト



わたしはカニ通販おすすめのカニ通販おすすめランキング.netというサイトをお勧めします。

カニ通販おすすめについて検索していたらカニ通販おすすめランキング.netがとってもおすすめ。(^O^)/

カニ通販おすすめのカニ通販おすすめランキング.net

テレビの通販番組を見ていてカニのお取り寄せしたくなりました。

面白そうでしょ?情報が盛り沢山ですので見てみてはいかがでしょうか。

カニの季節になってきましたね。カニ鍋が大好きです!

おすすめサイトです→→→カニ通販おすすめ









最近利用するようになったカードローン





最近、ちょっと金額が大きい買い物をしてしまい、手持ちのお金が大変厳しい状態となりました。
アコムの審査に落ちないための5つのポイント
そこで補うためにお金を借りたいと思っていた際に、カードローンを見つけたのです。

カードローンは、ATMでお金を引き出せるということで、使用の手順は簡単で、さらに引き出したお金の使い方は自由となっています。これならば生活費として使用することが出来るので、次回に給料日まで何とか持たせることが可能だと判断し、カードローンを利用しました。

前の記事